モネと文脈

モネ展を訪れた日のことです。

画集や映像で何度も見たことのあるモネの絵の実物は、それらとは比べものにならないほどのエネルギーを放っていました。

と同時に、実物のモネの絵とのあいだに「ちょうどいい距離」というものが存在することに気づきました。
モネの絵は、その距離感によってまったく異なる表情を見せていたのでした。

例えば、うすく霧のかかった風景画は、ある距離から見ることで、その霧が遠近を際立たせ、奥行きを感じさせます。
また、近くで見える色の凹凸は、少し離れることで光が輝いているように見えます。

それはまるで、自分の記憶の中に入り込んだかのような体験でした。

そしてふわっと心に浮かんだのは、「白黒つけられない抽象の美しさは、人間の想いに似たものがある」ということでした。

日常では、写実やリアルにばかり意識が集まりがちです。
ですが、絵画の前で近づいたり離れたりしながら曖昧で不安定な光を探すように、私たちもまた、自分の中にある「見えない本質」との距離を、手探りではかっているのかもしれません。

こうした曖昧な美しさが、言葉にできない感情や記憶を呼び起こしているのだと思うのです。

これ以降、私も過去の記憶や想いを言葉という形で再生し、新たな光を当てたいと考えるようになりました。

モネの絵が持つ立体的な広がりや、距離によって変わる表情のように、私も誰かの心に深く響き、再生の力を引き出せる存在でありたいです。

このコンテンツが、あなたの心に眠る想いや記憶を再び息づかせ、新たな輝きをもたらすきっかけになれたら嬉しいです。