白洲次郎・白洲正子夫妻の旧邸、武相荘へ

白洲次郎と白洲正子の武相荘へ

白洲次郎・正子夫妻の旧邸、武相荘へ。
『かくれ里』ではじめて白洲正子文脈に触れてから、いつか行ってみたいとずっと思っていました。

持ち運びと読む時の邪魔にならないように、付箋は横に

有料のミュージアムの中は撮影が禁止だったので写真はないのですが、正子さんの書斎は感激でした。
ひとつ突き出た板の間の部屋が隠れ家のようにあって、そこが書斎なのですが、所狭しと本が並び積み上がり、私はそこに佇む本の背表紙を数分くらいずっと眺めてしまいました。

– この空間で書いていたんだ –

すっかり執筆欲を刺激されたのでした。

以下、ミュージアムの外の敷地を散策した際の様子です。

平日の朝イチなので空いていた
差し込む光はきっと昔も今も変わらない
次郎さん
夫が見るのは細かい部分ばかり
ミュージアム入口
訪問者を照らす灯り
昭和の空気がよみがえる
気持ち良いまっすぐ
自然が織りなす均等
土と緑が匂い立つ小道
緑に包まれながら上へ上へ
なんとなく落ち葉
さりげなく置かれたチャップリンを連想させる自転車

ここに私の生活と重なる部分はほとんどないのに、なんてことのない自分の日常までも拡張されて見えるようだった。

すべての土地や住居には、かつてそこを生きていた人たちの営みがあって、当たり前の時間が流れていた。
今、私たちが過ごしている時間は、自分たちだけで生きているわけではなく、歴史にも記録にも記憶にも残らなかった膨大な「ささやかな日常」の履歴の上にあるのだ。

そのことを忘れずに、精一杯に今を呼吸する。

目次